『気性』(きしょう)という言葉は

なんとなく日常に取り入れて使いそうな言葉ですね。



でもやはり「気性」と聞いても
「性格」や「性分(しょうぶん)」「性質」といった言葉と何が違うのか

よく分からないが気がします。



でもやはり「性格」と似たような意味を持ってそうな言葉ですが。

スポンサードリンク

『気性』の意味


『気性』(きしょう)の意味は

どういうタイプかという点から見た
その人の性質

といった意味のようです。



意味的には「性質」とさほど変わらないような感じですが

どういうタイプかというのをはっきりさせたい時に使いそうな言葉ですね。



なので使い方としては
相手の性格がはっきりわかった時に

この言葉がよく用いられそうな気がします。



『性質』は
持って生まれた物と考えられる
『気性』は
どういうタイプかという点から見た

ですが
ネットで見た意味を比べても
『性質』
もって生まれた気質。ひととなり。たち
『気性』
生まれつきの性質。気質。きだて

といった意味なので

余計に同じ意味なのではと考えてしまいますね。



気性は「生まれつき」なので

既に持っている性格

性質は「もって生まれた」とあるので

もしかしたら
努力や習慣化から見えてきた中身の性格

ということにも考えられそうですが。



例文としては
「気性が激しいが行動力もある」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『気性』の類義語

性質
気性
性分
性情
気質(きしつ)
気質(かたぎ)


為人
個性
人格
パーソナリティー
キャラクター
人柄
気立て
心根
心性
本性
地金
根性
気っ風
資性

『性格』のことわざ

噛む馬はしまいまで噛む
習い性となる
三つ子の魂百まで