『一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり』(いちにちのけいはあさにあり、いちねんのけいはがんたんにあり)という言葉は

聞いたことがありませんが言葉を見ればなんとなくイメージができそうな言葉ですね。



一日の計画は朝にやる
一年の計画は元旦にやるのが一番

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり』の意味


『一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり』の意味は

一日の計画は朝に立て1年の計画は年始に立てなくてはならない。
早めに計画を立てしっかり実行すべきだということ


といった意味のようです。



確かに理想を言うならそうかもしれませんが

必ずしも朝に立てなくてはいけないわけではなく

一年の計画も年始に立てなくてはいけない

というわけではない気がしますが。



それでも
早めの計画という意味では

朝に、年始に立てたほうが結果的にスムーズなのかもしれません。



まあやるべきことが明確であるならば

計画は二の次でも良いのかもしれません。



やった計画は意味がなくなりますし

計画の方向性が間違ってたら修正しなければいけませんが

計画のおかげで実行しやすいのであれば

計画は早め、というのはそのとおりな気がします。



ただ、元旦にやるべきだ

というのはきっちりしていて気持ちいいですが

やってなかったら後悔、自己嫌悪となってしまい

一年間どうでも良くなってはおしまいです。



なので、あくまで計画は

行動の引き立て役で、早めにが大事なので

日本の行事の元旦は無視して

今が元旦の気持ちで計画をたてるのが良いのかもしれません。

スポンサードリンク


『一日の計は朝にあり』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク