『意到りて筆随う』(いいたりてふでしたがう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



言葉を見てもちょっとよくわかりませんが、なんとなく

自分に正直な気持ちであれば文章が書きやすくなる

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『意到りて筆随う』の意味


『意到りて筆随う』(いいたりてふでしたがう)の意味は

筆がすらすら動いて思いのままに文章や詩歌ができる

といった意味のようです。



何の苦もなく言葉がスラスラ浮かんできて文章が書ける

という意味になってきそうですね。



思いのまま、ということは

素直に思ったことを書く、ということにもなってきそうなので

仮にこの言葉の通りにできたとしても

心が豊かでないと難しそうです。



そういった意味では、文章を書くというのは

心の訓練にもなりそうですね。

スポンサードリンク


『意到りて筆随う』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し

関連コンテンツ



スポンサードリンク