『助言』(じょげん)という言葉は

言葉の通りその人に対して
「助けになる言葉を伝える」

といった意味を持ちそうです。



そういった意味だと「教える」という意味も含まれそうですが

「これから先の未来に向けて必要なことを教える」というよりは
「たった今必要な知識や技術を教える」

という意味になってきそうな気がしますが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『助言』の意味


『助言』(じょげん)の意味は

脇から助けになるような意見や言葉を言うこと。
また、その言葉


といった意味のようです。



脇からというのは

隣から横からという意味なのですかね。



「助けになるような意見や言葉」となっているので

言葉限定で助けになることをする

という意味になりそうです。



ということは身振り手振りで伝える

というのはあまり含まれないのかもしれません。



それでもその身振り手振りが

言葉として相手に伝われば

それも『助言』となりそうですね。

スポンサードリンク

『助言』の例文


例文としては

「対戦相手の弱点などを伝えつつ勝つための方法を助言してあげた」
「脳が疲れずに勉強を続ける方法を助言した」

といった使い方が良さそうです。

『助言』の対義語


『助言』の意味は

「助けになる言葉や意見を言うこと」

とあるのでやはり反対語、対義語となりそうな意味は

「助けにならない言葉」
「邪魔になる言葉」

であったり

「助けになる行動、態度」

といった言葉以外の助けになる行為のような言葉になるかもしれません。



この中ではどちらかというとより正反対な

「助けにならない言葉」

が該当しそうですが。



そういった意味を持つ言葉や熟語はなさそうな気がします。



『邪魔』や『失言』など

「助けにならない」意味にはなりそうですが

どこかしっくりきません。



『駄言』だと違う意味になってしまいますしね。



ピッタリな言葉が思いつかないので

『助言』の対義語はない

ということで保留となりそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『助言』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]