『コーチ』という言葉は

学生時代に運動部の部活で顧問の先生に対して呼んでそうな言葉ですね。



なのでイメージだと
「学問を教わる」というよりは
「運動の何かや技術を教えてくれる教師」

のようなイメージがあります。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『コーチ』の意味


『コーチ』の意味は

技術や、やり方を教えること。
特に、運動競技の技術指導をすること


といった意味のようです。



なるほど特に学問や知識の先生に対して使わないわけじゃないけど

「運動競技や技術などの指導する」

という意味によく使われるんですね。



でもこの『コーチ』の意味だと

「教える人」ではなく
「教えること」という意味になります。



部活の顧問の先生には

「先生」と呼ぶ代わりに「コーチ」とよく呼んでいましたが

そうなると違った意味で呼んでしまっていることになってしまいますが。



よく調べてみると

『コーチ』の意味にはもうひとつあり

技術ややり方を指導をする人

という意味もあります。



やはり「指導する人」に対しても使われる言葉のようです。

スポンサードリンク

『コーチ』の由来や語源


『コーチ』の由来は

「Kocs」というハンガリーの町から来たようで

その町で四輪馬車が初めて作られたので

馬車の名前が町の名前からきて

「kocsi」と呼ばれるようになったようです。



そして後にハンガリー語から英語が入り

「coach」と呼ばれるようになります。



指導者のイメージが
「学習者を運ぶ道具」

と例えられて

そこから
「馬車」が連想され

馬車といえば「coach」となり

後に学業やスポーツを指導する人が

「コーチ」という意味になっていったみたいです。



19世紀には学生の俗語で家庭教師もさすようになった

といわれています。



ちょっとしたきっかけから

成り行きで『コーチ』という言葉が生まれたんですね。


近所のあだ名みたいなノリですよね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『コーチ』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]