『指導』(しどう)という言葉は

先生が生徒に押し付けるような教育をする

教えるといったイメージがあります。



その教え方が教わる側の同意とは関係なしに

やや強引に教えるといった意味がありそうですが。

スポンサードリンク

『指導』の意味


『指導』(しどう)の意味は

教えるべきことを教えて、ある方向に導くこと

といった意味のようです。



教えなければいけないことを教えて

目指すべき方向に向かっていけるように教えていく

といった意味のようですね。



無理矢理強引でないにしても

本人が同意しているのであれば

これほどいい教え方はないですね。



どれだけやる気があっても

目指すべき方向が分からなければ進めないですから

その根本を教わるという意味では

すごくいい教えなのかもしれません。

スポンサードリンク

『指導』の例文


例文としては

「後輩の部員を指導する」

といった『教える』や『授ける』

と同じような使い方が良さそうです。

『指導』の語源


『指導』の語源はあまり有名ではなく伝わっていないみたいですね。



でも指に導くとあるので

指示をして導くというような意味として

熟語になったのかもしれません。



また『指導』と似たような意味を持つ

『コーチ』の由来については

こちらのページで紹介しています。

『指導』の対義語


『指導』は

「教えて導く」といった意味なので

ある意味「よくかまって教えていく」

といった意味になってきます。



なのでその反対の意味だと

『放任』や『放置』のような

その人の考えに任せる
ほっておく

といった意味がしっくりきます。



でも『放置』だと

ちょっと「物」としても使われるので

考えを任せる

といった意味に近い

放任』が

『指導』の対義語、反対語に近いような気がします。

スポンサードリンク

『指導』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け