『顧慮』(こりょ)という言葉は

「こんな言葉が存在したのか」

と思う人が多そうが

『考える』と類義語にあたります。



『顧慮』という言葉は

「この言葉に似た言葉と勘違いして聞いてしまう」
「知名度的に負けてしまい違う言葉に聞こえてしまう」

ということも多そうです。



『顧慮』の読み方は(こりょ)と読みます。

スポンサードリンク


『顧慮』の意味


顧慮(こりょ)の意味は

心を配ってそのことをも考えに入れること

といった意味のようです。



「そのことも考えに入れて判断する」

という意味をもつ
『勘案』ともどこか意味が似てきますが

「心を配ってそのことも考えに入れる」

という意味なので

「頭で考える」というよりは
「気持ちで考える」

といった意味合いが強いのかもしれません。



使い方としては
「現代社会で働いている、会社で働いている人の事情や生活を顧慮すると、みんな忙しそうで生活するだけで精一杯なイメージがある」
「チャパ王の扱いに対しもう少し顧慮してみた」

と言った使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『顧慮』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク