『鑑みる』(かんがみる)という言葉は

漢字として見ると読みづらく

耳で聞いても意味が通じにくい言葉です。



なので日常的に『鑑みる』を使用しても

意味が通じない可能性がありそうです。



それでも試験やテストでは出題されやすそうな言葉ではあるので

知っている人は知っているかもしれません。



『鑑みる』の読み方は(かんがみる)と読みます。

スポンサードリンク


『鑑みる』の意味


『鑑みる』(かんがみる)の意味は

判断を下すに際し、先例や実情などを考えあわせる

といった意味のようです。



なんだか意味を聞いても少しわかりづらいところがありますよね。



要するに

判断を下すときにいろいろ情報集めてから

考える情報集めてから

それから考えをまとめる

といった意味なのかもしれません。

『鑑みる』の例文や使い方


『鑑みる』は

集めたデータなどを元に判断して考える

といった意味だと思うので

判断したいことに対し慎重に考えるときに使うのかもしれません。



例文としては
「色々な情報や口コミをもとに鑑みて海外旅行はどこにくか決めることにした」
「フリーザとは絶対に戦ってはイカンという情報に鑑みたものの戦うことを決心した」
「攻略本の参考レベルを鑑みストーリーを進めていった」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『鑑みる』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク