『勘案』という言葉は日常で全く耳にしません。



なので『勘案』という言葉が

『考える』の類義語だと認識しているのかどうかも怪しいです。



なので人によっては

この『勘案』という言葉を使うことによって

聞き手は意味が分からず

気づいたら思考が停止している可能性もあります。



『勘案』の読み方は(かんあん)と読みます。

スポンサードリンク


『勘案』の意味


『勘案』(かんあん)の意味は

そのことも考えに入れて判断すること

といった意味のようです。



「そのこと」というのは

勘案の前に出てくる言葉や対象を表すことが多そうです。

『勘案』の例文や使い方


勘案という言葉は

「そのこと」を頭に入れつつ考え判断する

といった意味なので

複数の考えを対象に入れる必要があります。



例文としては
「時間的な問題も勘案して計画をまとめる」
「生活費や税金のことも勘案し趣味の投資金額を決めた」
「フリーザとベジータの動きも勘案して最長老のもとへ向かう手段を決めた」

といった使い方がいいかもしれません。

『勘案』と『考慮』との違い


『勘案』という言葉は

そのこと(他のこと)も頭に入れつつ本題を判断する

といった意味になります。



『考慮』は

いろいろな要素に心を配りつつ本題をよく考える

といった意味になります。



なので、根本的には意味はそれほど違ってきません。



でもよく見てみると勘案のほうが

「他のこと」の考えが少し明確な気がします。



勘案の方は付け足される「そのことも」の考えが

積極的に決めたものに対し

考慮のいろいろな要素の方は

「大体」で「少しあやふや」で

たくさんありそうなイメージがあります。



なので勘案と考慮の違いは

意味はそれほど違わないけど考慮の方が少し文系っぽいところかもしれません。

スポンサードリンク


『勘案』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク