愚考という言葉は漢字から汲み取ると

「愚かな考え方」

といった意味が予想できます。



日常や書物でもよく聞きそうな言葉なので

多くの人が理解しそうな言葉ですが

あまり印象の良い言葉ではないので

下手に使わないほうが良さそうです。

スポンサードリンク


『愚考』の意味


『愚考』(ぐこう)の意味は

愚かな考えの意味から考えること、考えの謙譲語

といった意味のようです。



うーんなんだかイマイチ
「考えるの意味の謙譲語」

と言われてもよく分かりません。



謙譲語なので

『尊敬』して自分の側に立つ動作などを表す言葉

のようですね。



簡単に言うと

「自分の考えをへりくだって言う時に使う言葉」

のようですね。



あと、愚行の使い方は謙譲語だけでなく

「愚かな考え」

の意味を単独で使うこともあるようです。



使い方としては

「かように愚考するものであります」
「日本の政治経済について愚行いたします」
「呂布奉先と正面から戦うなんて愚行すぎる」

と言った使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『愚考』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク