『思案』という言葉は

「よく考える」
「実行する」
「深く考える」

といったイメージがあります。



日常でも何か考えをまとめるときに

ふと、この『思案』という言葉がでてきそうな気がします。



でも、この『思案』という言葉を日常で使っても

「考えるって意味でしょ」

というふうな理解しかしてくれない可能性が高そうです。

スポンサードリンク


『思案』の意味


『思案』(しあん)の意味は

どうすれば良いかとあれこれ考えること

のようです。



何か考えたいことがあり

「本題に対しこれからどうするのが最善かいろいろ考える」

といった意味なのでしょうか。

『思案』の例文や使い方


例文としては
「ナメック星についてからのベジータはフリーザからドラゴンボールをいかに安全に奪い取るかという事だけを思案していた」
「今月の税金の支払いが丸く収まるよう解決策を思案しているところだ」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『思案』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク