『煎じ詰める』という言葉はあまり聞きなれない言葉ですね。



人によっては
「これは日本語として使われているのか?」

と疑問に思う人もいるかもしれません。



日常で言葉を使ってみたとしても

意味が通じる人と通じない人ときれいに分かれそうです。



『煎じ詰める』の読み方は(せんじつめる)と読みます。

スポンサードリンク


『煎じ詰める』の意味


『煎じ詰める』(せんじつめる)の意味は

筋道を追って、行き着くところまで考えを進める

といった意味のようです。



使い方としては
「煎じ詰めれば会社の売り上げは一人一人の行動や能力の問題になる」
「煎じ詰めると無駄に浪費している時間があった」
「煎じ詰めればカカロットの修行メニューを超えれば良いことに気づいた」

といった使い方がいいでしょう。

スポンサードリンク


『煎じ詰める』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク