『下衆の勘繰り』(げすのかんぐり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



何となく、嫌な人間はすぐ人を疑う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『下衆の勘繰り』の意味


『下衆の勘繰り』(げすのかんぐり)の意味は

品性の劣る者が
いろいろ気を回して邪推すること


といった意味のようです。



『邪推』(じゃすい)は
他人の心意を悪く推量すること。ひがんで、自分に悪意をもっていると疑ってかかること
『品性』(ひんせい)は
道徳的基準から見た、その人の性質人格
『推量』(すいりょう)は
物事の状態・程度や他人の心中などをおしはかること。推測

といった意味になります。



性格が悪い人が悪く疑う

のような意味になりそうです。



例文としては
「下衆の勘繰りばかりされる胡散臭い刑事」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『下衆の勘繰り』の類義語

疑念
不審
疑惑
懐疑
猜疑
半信半疑
訝る
勘繰る
怪しむ

『疑い』の慣用句

痛くもない腹を探られる
下衆の勘繰り
狐疑逡巡
眉に唾を付ける

『疑い』のことわざ

疑心暗鬼を生ず
大疑は大悟の基
七度尋ねて人を疑え
人を見たら泥棒と思え
李下に冠を正さず

関連コンテンツ



スポンサードリンク