『大疑は大悟の基』(たいぎはたいごのもと)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、人を疑う事は人脈をなくす

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『大疑は大悟の基』の意味


『大疑は大悟の基』(たいぎはたいごのもと)の意味は

大きな疑問を持つ事は後の大きな悟りにつながる。
疑いこそ悟りのもとであるという事


といった意味のようです。



常になぜだろうと疑って考えることが後々自分の身になる

のような意味になりそうです。



『悟り』(さとり)は
物事の真の意味を知ること。理解。また、感づくこと。察知
『察知』(さっち)は
おしはかって知ること。それと気がつくこと

といった意味になります。

スポンサードリンク


『大疑は大悟の基』の類義語

疑念
不審
疑惑
懐疑
猜疑
半信半疑
訝る
勘繰る
怪しむ

『疑い』の慣用句

痛くもない腹を探られる
下衆の勘繰り
狐疑逡巡
眉に唾を付ける

『疑い』のことわざ

疑心暗鬼を生ず
大疑は大悟の基
七度尋ねて人を疑え
人を見たら泥棒と思え
李下に冠を正さず

関連コンテンツ



スポンサードリンク