『人の将に死なんとする其の言や善し』(ひとのまさにしなんとするそのげんやよし)

という言葉はまるで聞いたことがない言葉ですね。



言葉をよく見ても予想しづらいですが、なんとなく

人が死ぬ間際に発する言葉は名言が多い、死ぬ間際は悟りを開き雑念がなくなる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『人の将に死なんとする其の言や善し』の意味


『人の将に死なんとする其の言や善し』(ひとのまさにしなんとするそのげんやよし)の意味は

人が死ぬ直前に口に出す言葉は真実がこもっていて人を打つ

といった意味のようです。



人の死ぬ間際は心打たれるような言葉を言う

のような意味となりそうです。



この言葉があるということは誰かが経験しこのようなことを感じた

ということなのでしょうね。



死が近づいているのにわざわざ嘘を言う必要はありませんから

損得で喋ることもなく、ただひたすら真実を話しそうですが

寂しい気持ちになる言葉ですね。

スポンサードリンク


『人の将に死なんとする其の言や善し』の類義語

終焉
最期
末期
臨終
絶命
死去
永眠
他界
死出
往生
昇天
逝去
長逝
夭折

『死』の慣用句

息を引き取る
命を落とす
お迎えが来る
鬼籍に入る
巨星墜つ
畳の上で死ぬ
冷たくなる
白玉楼中の人となる
不帰の客となる
幽明境を異にする

『死』のことわざ

朝には紅顔ありて夕べには白骨となる
生ある者は必ず死あり
人の将に死なんとする其の言や善し
老少不定

関連コンテンツ



スポンサードリンク