『窮地』(きゅうち)という言葉は

「窮地に立たされる」

とかよく聞くのでなんとなく

「苦しい状況」
「危機的な状況」
「時間をかけて苦しい状態にある」

というようなイメージがあります。



『窮地』の読み方は(きゅうち)と読みます。

スポンサードリンク


『窮地』の意味


『窮地』(きゅうち)の意味は

追いつめられた苦しい立場

といった意味になります。



ただ苦しいのではなく

「追い詰められて苦しい」

といった意味なので

より苦しそうな状況ですね。



弱点属性を突かれている時と似ているのかもしれません。



例文としては
「余計なことを言ってしまい窮地にたってしまった」
「勝てる戦いだったのに完全体にさせてしまったため窮地に陥ったベジータ」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『窮地』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク