『十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人』(とおでしんどうじゅうごでさいしはたちすぎればただのひと)という言葉は

なんとなく聞いたことがあるような言葉ですね。



子供の時に天才と呼ばれていた人が
十五歳で才能がある人、二十歳過ぎれば普通の人

と大人になる頃には普通の人と差がなくなってしまう

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人』の意味


『十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人』の意味は

幼い時は非常に優れた知能を示した人が
成長するにしたがって凡庸になっていき
結局普通の人と変わりがなくなってしまうこと


といった意味のようです。



子供のうちは知能があればそれを大いに発揮できる場所がありますが

大人になると優れた知能を発揮する手段を探さないといけません。



だから社会に出た時いかに知能を活用できるかによって

普通ではなくなるかの分かれ目になりそうですが。



または、どんな人も大人になることによって

ある程度なんでもできてしまうから

普通も侮れない

だからその分追いつかれないように努力せよ

ということも意味していそうです。

スポンサードリンク


『十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人』の類義語


年歯
生年
年頃
年の頃
年格好
年輩

『年齢』の慣用句

犬馬の年
春秋に富む
薹が立つ
年が行く
年端も行かない
馬齢を重ねる

『年齢』のことわざ

亀の甲より年の劫
三十振り袖、四十島田
七十にして矩を踰えず
人生七十古来稀なり
十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽は止まぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク