『齢』(よわい)という言葉は

聞くとちょっと分かりづらいですが見るとわかりやすい言葉ですね。



でも「齢(よわい)」という響きも結構なじみのある言葉なので

比較的会話しても成立しそうな言葉のような気がします。



ただちょっと古風じみた表現なので

今風に言うと「齢(よわい)」ではなく「年齢」って言ったほうが良さそうですが。



『齢』の読み方は(よわい)と読みます。

スポンサードリンク

『齢』の意味


『齢』(よわい)の意味は

「年齢」の改まった言い方

といった意味のようです。



つまり「年齢」と意味が一緒

ということみたいですね。



会話の流れではあまり聞かなそうですが

書物でよく表現されそうですね。

スポンサードリンク

『齢』の使い方や例文


例文としては
「齢四十が間近となるが中身は下手すると14歳のままだ」

のような
「年齢と同じような」
「年齢をちょっと違う言い方をした」
使い方が良さそうです。

『齢』の類義語


年歯
生年
年頃
年の頃
年格好
年輩

『年齢』の慣用句

犬馬の年
春秋に富む
薹が立つ
年が行く
年端も行かない
馬齢を重ねる

『年齢』のことわざ

亀の甲より年の劫
三十振り袖、四十島田
七十にして矩を踰えず
人生七十古来稀なり
十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽は止まぬ