『年歯』(ねんし)という言葉は

あまり見たことがない言葉ですね。



聞いただけだと「年末年始の年始」と捉えてしまいがちですが

「年歯」という漢字を使っている言葉はちょっとあまり見ないような気もします。



なんとなく
歯の数から予想した年齢

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『年歯』の意味


『年歯』(ねんし)の意味は

「歯」も年齢の意味といったところから
年齢。よわい。硬い文章語

といった意味のようです。



硬い文章語というだけ
「歯」が使われているというだけで

「年齢」といった意味と
同じ意味を持つ言葉のようですね。



『よわい』は
生まれてから重ねてきた年数。年齢

といった意味になります。



なので、硬い文章語というだけで

年齢と意味は全く同じ意味になってきそうです。



例文としては
「我が人生の師匠は年歯30代とまだ若いが中身はもっと若い」
といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『年歯』の類義語


年歯
生年
年頃
年の頃
年格好
年輩

『年齢』の慣用句

犬馬の年
春秋に富む
薹が立つ
年が行く
年端も行かない
馬齢を重ねる

『年齢』のことわざ

亀の甲より年の劫
三十振り袖、四十島田
七十にして矩を踰えず
人生七十古来稀なり
十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽は止まぬ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]