『術』の読み方は
音読み:じゅつ、しゅつ、すい
訓読み:すべ、わざ

と読みます。



『術』(すべ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、よく考えた策略、計画

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『術』の意味


『術』(すべ)の意味は

目的を達するための手立て。
多く否定の意の文脈で用いる


といった意味のようです。



目的を達せない手段によく使われる言葉

となりそうです。



『術』(じゅつ)は
1.人が身につける特別の技。技術
2.手段方法。てだて。すべ
3.策略。計略。はかりごと。たくらみ
4.人知をこえた不思議なわざ。忍術・魔術・妖術など
『術』(すべ)は
目的を遂げるための手段。方法。てだて

といった読み方により意味が少し違うようです。



例文としては
「虫歯は歯医者に行かないと為す術がない」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『術』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる
[ad#co-6]

[ad#co-3]