『手練手管』の読み方は(てれんてくだ)と読みます。



『手練手管』(てれんてくだ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、熟練された慣れている手段方法

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『手練手管』の意味


『手練手管』(てれんてくだ)の意味は

うまいことを言って人を思い通りに操る技巧

といった意味のようです。



都合のいいことを言って人を操る技術

のような意味になりそうです。



『技巧』(ぎこう)は
技術上の工夫。特に、芸術の制作や表現における技術的な工夫。テクニック
『手練』(しゅれん)
熟練した手際。よく慣れてじょうずな手並み。また、よく練習すること
『手練』(てれん)
人をだましてあやつる技巧・方法。手管
『手管』(てくだ)
人をだます手段。人をあやつるかけひき。特に、遊女などが客をたらしこむ手際。手練

といった意味になります。



『手練手管』は

似ている『手練』(てれん)と『手管』(てくだ)つなげて意味を強調した言葉

となるようです。



『手練』は読み方によって意味が違ってくるようですね。

『手練手管』の使い方、例文


例文としては
「奴隷商人は興味本位で近づいた貴族から手練手管を尽くして商売した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『手練手管』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる

関連コンテンツ



スポンサードリンク