『窮余の一策』(きゅうよのいっさく)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、窮地に迫られている中で残された選択、最後の悪あがき

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『窮余の一策』の意味


『窮余の一策』(きゅうよのいっさく)の意味は

困ったはての苦し紛れの手段

といった意味のようです。



『苦し紛れ』(くるしまぎれ)は
苦しさのあまりにすること

といった意味になります。



苦肉の策
敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと。また、苦しまぎれに考え出した手立て

と似た意味を持つ言葉となりそうです。



例文としては
「窮余の一策でなるべく割引している商品を買い、生活を少しでも楽にした」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『窮余の一策』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる

関連コンテンツ



スポンサードリンク