『一計を案じる』(いっけいをあんじる)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、よく考えた計画を立てる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『一計を案じる』の意味


『一計を案じる』(いっけいをあんじる)の意味は

うまい手立てを考える

といった意味のようです。



良い計画を考える

のような意味になりそうです。



『手立て』(てだて)は
目的を達成するための方法・手段

といった意味になります。

『一計を案じる』の例文、使い方


例文としては
「悟空が一人でレッドリボン軍本部に乗り込んだというので一計を案じた」

のような
「良い方法を考える」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『一計を案じる』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる

関連コンテンツ



スポンサードリンク