『手段』(しゅだん)という言葉は

普通に聞く言葉ですね。



なんとなく、やり方、手順、方法、やるための行動

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『手段』の意味


『手段』の意味は

ある目的を達するためにとるやり方。
また、そのために利用するもの


といった意味のようです。



やり方、またはそのための道具

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『手段』の例文、使い方


例文としては
「ベジータはフリーザを倒すための手段が思いつかず絶望してしまった」

のような
「目標に向かうためのやり方」

の代わりのような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

『手段』の対義語、反対語


『手段』(しゅだん)の対義語、反対語は

『目的』
1.実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい
2.倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの

といった意味の言葉のようです。



『事柄』(ことがら)は
物事の内容・ようす。また、物事そのもの
『規定』(きてい)は
物事を一定の形に定めること

といった意味になります。



『手段』が目的、ゴールを目指すための方法

『目的』は手段、行動して目指すためのゴール、目標

となるので意味の違いが互いに反対語、対義語となるようです。



ドライブでいうと

「手段」が「車」
「目的」が「目的地」

ということになりそうです。

『手段』と『目的』、『方法』の意味の違い


『目的』は『手段』の対義語、反対語となりますが

『方法』は
1.目標に達するための手段。目的を遂げるためのやり方。てだて
2.哲学で、真理に到達するための考えの進め方
『手段』は
目的をとげるのに必要な方法

といった意味になるので

『方法』は『手段』と意味はほぼ同じで違いはなさそうです。



ただ、使い方に違いがあるようで

『方法』は全体を意味する場合に使い

『手段』は一部を意味して使うのが正しいようです。



一部の例として

「交通手段」を「交通方法」とは言わない

「フォークリフトの操作方法」とは言っても「操作手段」とは言わない

など明確な使い分けがあれば

「目的地に向かう方法」「目的地に向かう手段」など

どちらを使っても違和感がない場合もあるようです。



ただ、「手段」のほうが一部を指している、という意味の雰囲気から

『方法』に比べて『手段』は

具体的な方法

という意味として使うことが多そうです。

[ad#co-3]

『手段』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる
[ad#co-6]

[ad#co-3]