『奥の手』(おくのて)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、追い詰められたときの最後の手段

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『奥の手』の意味


『奥の手』(おくのて)の意味は

普段は隠しておいて
いざという時にとる手段


といった意味のようです。



いざというときの切り札

のような意味になりそうです。



『奥の手』は
1.奥義。極意
2.容易に人に知らせない、とっておきの策。最後の手段
3.《古くは、左を右より大切に思い、尊んだところから》左のほうの手。一説に、二の腕

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「こうなったら奥の手を出さざるを得ない」

のような使い方が良さそうです。

『奥の手』の由来、語源


『奥の手』の由来、語源は

「左手」から来た言葉のようです。



日本は昔から右より左のほうが価値が高い、尊い

という考えがあったようです。



『尊い』(とうとい)は
1.崇高で近寄りがたい。神聖である。また、高貴である
2.きわめて価値が高い。非常に貴重である
『高貴』(こうき)は
身分・家格などが高く貴いこと

といった意味になります。



左手は大事なので、なるべく右手を使うようにしていたようですが

緊急時やどうにもならないときなどは、左手を使わざるを得ないので

普段は使わないいざというときの手段

という意味になったのかもしれません。

スポンサードリンク


『奥の手』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる

関連コンテンツ



スポンサードリンク