『方法』(ほうほう)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、何かをやるための手順、やり方

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『方法』の意味


『方法』(ほうほう)の意味は

ある目的を達するための一定のやり方

といった意味のようです。



目的のためのやり方

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『方法』の例文、使い方


例文としては
「料理の方法を教わる」

のような
「やり方」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『方法』の対義語、反対語


『方法』の対義語、反対語は

『目的』
1.実現しよう、到達しようとして目指す事柄。めあて
2.行為において目指すもの。それのために、またそれに向けて行為が行われ、実現が求められるもの

といった意味の言葉のようです。



手段
目的をとげるのに必要な方法

の対義語と同じく

『方法』の対義語も『目的』となります。



「方法」が目的を目指すためのやり方

「目的」は方法を使って目指すゴール

となるのでお互いに反対の意味となるようです。

『方法』と『手段』、『手法』の違い


『手段』(しゅだん)は
目的をとげるのに必要な方法
『手法』(しゅほう)は
物事のやり方。特に、芸術作品などをつくるうえでの表現方法。技法
『方法』(ほうほう)は
目標に達するための手段。目的を遂げるためのやり方。てだて

といった意味になるので

『手段』と『方法』は意味の違いはほぼなさそうです。



『手法』は芸術作品の方法、とあるので

技術的な方法、高度な専門的な場合など

難しい方法のような意味として使われることが多そうです。



『手段』と『方法』は使い方に違いがあるようで

『手段』の方は「交通手段」など

具体的な方法、やり方

の意味として使われることが多いようです。

スポンサードリンク

『方法』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる