『ウルトラC』(うるとらしー)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



いまいち意味が分かりませんが「手立ての類義語」として意味を考えるならば、なんとなく

じっくり計画を練って行動する、奥の手の計画

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『ウルトラC』の意味、語源、由来


『ウルトラC』(うるとらしー)の意味は

和製語 ultra+C 体操競技で極めて難度の高い技の事。
現在のスーパーE難度が語源
人があっと驚くようなとっておきの技

といった意味のようです。



体操の競技の難易度の判定から由来して

誰もが驚く策略

のような意味になりそうです。



『策略』(さくりゃく)は
自分の目的を達成するために相手をおとしいれるはかりごと。計略

といった意味になります。



意味がわかって使っても時代遅れっぽくて

ちょっと恥ずかしくなりそうな言葉ですね。



例文としては
「口喧嘩の最後にウルトラCが飛び出た」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『ウルトラC』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる
[ad#co-6]

[ad#co-3]