『作戦』(さくせん)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



ゲームでもよく見かける言葉で、ファミコン時代からあるドラクエ4の「作戦」から考えると

戦略、考えた末での計画

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『作戦』の意味


『作戦』(さくせん)の意味は

「策戦」とも書く
戦いや試合をうまく運ぶためにとる行動や方策

といった意味のようです。



戦いなどを成功させるための計画

のような意味になりそうです。



例文としては
「『呪文節約』という作戦は戦闘を長引かせ結果的に節約になっていない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『作戦』と『戦略』の違い


『作戦』は
1.戦いや試合をうまく運ぶ方法や策略。転じて、物事を進めていくうえでのはかりごと
2.歩兵・砲兵・騎兵などの、ある期間にわたる一連の対敵戦闘行動
『戦略』(せんりゃく)は
1.戦争に勝つための総合的・長期的な計略
2.組織などを運営していくについて、将来を見通しての方策

といった意味になり

違いはほとんどなさそうです。



ただ、具体的、抽象的という視点で意味に違いがあるようで

「戦略」のほうがより抽象的、全体を表す言葉となるようです。



もう一つ似た意味

『戦術』
1.戦いに勝つための個々の具体的な方法
2.ある目的を達成するための具体的な方法・手段

といった意味の言葉は

「戦略」や「作戦」よりも具体的な意味、作戦となるようです。



並べてみると

『戦略』大まかな作戦
『作戦』具体的な作戦と抽象的な作戦、両方を意味する
『戦術』具体的な作戦

という意味の違いになります。

[ad#co-3]

『作戦』の類義語

手段
方法


方途
方策
術策
作戦
方便
万策
正攻法
奇策
小細工
手練手管
四十八手
その伝
切り札
奥の手
ウルトラC

『手立て』の慣用句

一計を案じる
窮余の一策
苦肉の策
伝家の宝刀
毒を以て毒を制す

『手立て』のことわざ

嘘も方便
策士策に溺れる
[ad#co-6]

[ad#co-3]