『啓発』(けいはつ)という言葉は

「向上しよう」だとか
「成長しよう」と考える時の

鼓舞などで使いそうな言葉です。



意識していないと忘れがちな言葉で

社会に出てもあまり聞き慣れない言葉のような気がします。



でも意識が高い場所だと以外に頻繁に使われるかもしれないですね。



『啓発』の読み方は『けいはつ』と読みます。

スポンサードリンク


『啓発』の意味


『啓発』(けいはつ)の意味は

人が気づかないでいるところを指摘して、
より高い認識・理解に導くこと


といった意味のようです。



結構独特な意味を持つ言葉なのですね。



どちらかというと
「教える」というよりも
「助言してあげる」

という意味に近い言葉なのかもしれないですね。



自分自身では気づきにくいところも

指摘してより良い方向に
より深い考えに正してあげて
成長できるようにしてあげる

といった意味になってくるのかもしれません。



ひとによって啓発が違いそうですね。

『啓発』の例文や使い方


例文としては
「この記事は啓発される人が多い」
「啓発が彼の人生を大きく変えた」

といった使い方がいいかもしれません。

スポンサードリンク


『啓発』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け

関連コンテンツ



スポンサードリンク