『生年』(しょうねん)という言葉は

あまり見たことがない言葉ですね。

『生年』(しょうねん)という響きが「少年」なってしまうので

耳にすると普通に勘違いしそうですが。



どことなく堅苦しい言葉でありつつも

比較的簡単な漢字なので

それほど難しい意味ではなさそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『生年』の意味


『生年』(しょうねん)の意味は

その人が生まれてからの年数。
古風な言い方


といった意味のようです。



ちょっと硬い表現な気がしましたが

やはり古風な言い方だったようです。



生まれてからの年数ということは

「年齢」「齢(よわい)」と同じ意味になりそうです。



例文としては
「生年二十代は転職ばかりで常に新しい仕事で新鮮だった」

ような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『生年』の類義語


年歯
生年
年頃
年の頃
年格好
年輩

『年齢』の慣用句

犬馬の年
春秋に富む
薹が立つ
年が行く
年端も行かない
馬齢を重ねる

『年齢』のことわざ

亀の甲より年の劫
三十振り袖、四十島田
七十にして矩を踰えず
人生七十古来稀なり
十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽は止まぬ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]