『世情』(せじょう)という言葉は

あまり馴染みのない聞いたことがない言葉ですね。



「世」と「情」とあるので

世の中に飛び交う人の感情、思い

のような意味にも見えてきますが。

スポンサードリンク


『世情』の意味


『世情』(せじょう)の意味は

裏も表もある。といったところから
世の中のありさまや事情

といった意味のようです。



「情」は感情でなく事情という意味合いだったんですね。



『事情』は
物事がある状態に至るまでの理由や状態。その結果。事の次第

『ありさま』は
物事の状態。ようす

といった意味になります。



なので
『世』は「世の中、世間」
『情』は「事情」
という意味から
『世情』という言葉ということになりそうですね。



でも素直に
「世の中の事情」
と言ったほうが遥かにわかりやすい気がしますが。



例文としては
「世情どころか自分の事情だけで手一杯だ」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『世情』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク