『天下』(てんか)という言葉は

結構頻繁に見かけるよく聞く言葉ですね。

「天下」というとやはり
「世の中」「世間」というようなイメージが強いですが

使われる場面でいうと
自分自身と世の中を対象にまとめて
使われてた気がしますが。



世間、世の中と似てるといっても

その一部でなく全体を意味してそうですが。



『天下』の読み方は(てんか)と読みます。

スポンサードリンク


『天下』の意味


『天下』の意味は

天の下の全世界の意味から
世間。世の中

といった意味のようです。



ちょっとややこしいですが要するに

天の下の全世界という視点から世間、世の中

といった意味になってきそうですね。



『天下』は
1.天の下に広がる全空間。世界中。
2.一国全体。国中。世の中。世間

といった複数の意味を持つので

世間、世の中
という意味もありますが

国全体、全空間、世界中
という表現があるので

世界全体をまとめたイメージが強そうですね。



そうなると
自分の国だけではなくおそらく世界全体を表す
すべての国、生きているすべての人々の町や村

を含めた世間、世の中といった意味になるのかもしれません。



ただ
歴史上の人物である織田信長は
天下をとる
と言っていたようですが

その時の対称は日本全体で地球全体は含まれてなかったと思うので

おそらく大まかに
発言者、使っている人が考えられる世界全体
という意味なのかもしれません。



よく
ドラゴンボールの天下一武道会であったり
「天下をつかむ」というセリフもよく使われますが

そういった
世の中を支配する、世の中をの頂点に立つ

といった中で手軽に使える言葉が「天下」なのかもしれませんね。



例文としては
「豊臣秀吉は天下をつかもうという考えを織田信長に悟られず行動していた」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『天下』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク