『巷間』(こうかん)という言葉は

あまり見たことがない言葉ですね。



まるで地名のような港のような言葉ですが

もしかしたら場所による由来が大きく関わってそうな言葉ですね。



聞くだけだと「交換(こうかん)」の方が圧倒的に知名度があるので

どうしても勘違いしてしまいそうな言葉です。



『巷間』の読み方は(こうかん)と読みます。

スポンサードリンク


『巷間』の意味


『巷間』の意味は

町の人々の間。世間

といった意味のようです。



「巷間」の「巷」はついつい
「港」と同じような意味として捉えがちですが

『巷(ちまた)』は
ちまた町や村の小道。町中

といった意味になるので

『巷間』は
そのままの意味として

町の間

そして「世間」
といった意味になってくるようです。



例文としては
「巷間での噂はあてにならない」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『巷間』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク