『世間は広いようで狭い』(せけんはひろいようでせまい)

何処かで聞いたことがある言葉ですね。



なんとなくそのまま
世間は広いようで狭い

といった意味に聞こえてきますが。



世間、世界はとても広いように大きなもののように感じるけれど

意外に世界のどこの国であっても
自分の住んでいる町と似たような共通点があり

実は自分がびっくりするほど見たことがない世界はない

というような意味にもなってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『世間は広いようで狭い』の意味


『世間は広いようで狭い』の意味は

世の中は広いようでも思いがけないところで
知人と顔を合わせたり自分の過去を知っている人間が現れたりして
意外に狭いものだ


といった意味のようです。



見た目や感覚で広いと感じていた世の中が

知り合いと会うことで狭いと思わされる

といった意味になってきそうですね。



自分と似たような行動している人や
似た考えを持っている人がいる

という気持ちにもさせられそうですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『世間は広いようで狭い』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]