『人世』(じんせい)という言葉は

あまり見たことがない言葉ですね。



「人生」だと結構見かけますが
「人世」となるとちょっとどういう意味なのか

どうやって使うのか考えてしまいます。



なんとなく
人がいる世の中

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『人世』の意味


『人世』(じんせい)の意味は

人が生きるこの世の中。浮き世

といった意味のようです。



見たまんま
人がいる世の中

というような意味になってくるみたいですね。



『人世』は
1.人がこの世で生きていくこと。また、その生活
2.人の、この世に生きて いる間。人の一生。生涯

といった意味になるので

意味によっては「人生」と意味が似ているのかもしれません。



「浮き世」という意味も含まれるのが気になりますが

『浮き世』は
つらくはかないこの世の中。変わりやすい世間

という意味になるので

若干マイナス思考的な意味も含むのかもしれません。



例文としては
「自分の一生分の人世だけでは経験も知識も不十分なので本をどんどん読むべきだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『人世』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]