『巷』(ちまた)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



よく会話の流れでも「巷では」というような感じで使われていそうですが

何となく「世の中」や「世間」をイメージしそうな言葉です。



『巷』の読み方は(ちまた)と読みます。

スポンサードリンク


『巷』の意味


『巷』(ちまた)の意味は

道の分かれるところの意味から
人が集まる町中の通り。
転じて、世間


といった意味ようです。



意味を聞いてもいまいちよくわかりませんが要は

人が集まる町中の通り、世間

といった意味みたいですね。



『転じて』は
視点・話題などを変えて。ところで

といった意味なので

人が集まる町中の通り、言い換えて世間

という意味になってきそうです。



人がよく集まっている広場や街中

といったイメージが強そうですね。



例文としては
「巷で色々統計してみた」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『巷』の由来、語源


『巷』の語源、由来は

「道(みち)」と「股(また)」の
2つの漢字が合わさってできたようです。



「道」は
道。人や車が通行する所
「股」は
一つのもとから二つ以上に分かれている所

「道」と「股」で
分かれ道や交差点のような分岐した道
という意味で使われていたようで

道と道が交差する、分岐する場所は
人が集まりやすく町中となる

というところから
「道」と「股」からきた
「巷」は
人が集まる町中の通り。世間

といった意味になったといわれています。

スポンサードリンク


『巷』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク