『世の中』という言葉は

普通に使われる言葉ですね。



よく耳にする言葉でもあるので

意味が把握しやすいですが
正確な意味となると
よくわからないような気がしてきます。



なんとなく
「世界」であったり
世界の中の人々、人が住む世界の中

のような
人があっての世界、地球上の国や地上の全て

というような意味になってきそうな気がしますが。

スポンサードリンク


『世の中』の意味


『世の中』の意味は

人々が生活を送るこの世界。
またその時代環境


といった意味のようです。



人々が生活を送る、という中での世界

とあるので
アマゾンや南極のような人間が住めそうもない、生活してない場所
ジャングルや砂漠は含まれていないのかもしれません。



それでも
たまに人が入る場所であれば
そこも世の中に含まれるようなイメージはありますが

人が一度も立ち寄ったことがないような
未知の環境、場所は

「世の中」でいう世界に含まれなさそうです。



例文としては
「良い習慣化を身に着け世の中を楽しく生活する」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『世の中』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク