『人の噂も七十五日』(ひとのうわさもしちじゅうごにち)という言葉は

結構よく聞く言葉ですね。



なんとなく
どのような噂であったとしても
75日も経ってしまえば大体ほとんどの人は
忘れてしまう、どうでもよくなってしまう

といったイメージがありますが。

スポンサードリンク


『人の噂も七十五日』の意味


『人の噂も七十五日』の意味は

世間の噂というものはそう長く続くものではない。
人々からあれこれ噂されてもしばらくすれば忘れられてしまうということ


といった意味のようです。



世間の噂はそれほど長く続くというものではない

芸能人も結構頻繁にいろいろな噂をされることが多いですが

しばらくすればどうでもよくなってしまう
新しい情報で埋まってしまう

というイメージですから
実際そうなのかもしれないですね。



自分自身で取り返しのつかないことや
何か大衆の場で失敗してしまい
うわさが流れそうなことがあったとしても

この言葉が言うように
しばらくすればどうということはないので

外部刺激を受け流して
いつも通りでいるのがいいかもしれません。

スポンサードリンク


『人の噂も七十五日』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク