『塵界』(じんかい)という言葉は

あまり見たこともなく耳にしない言葉ですね。



漢字を見てみると余計にわからないですが

「塵」は(ちり)なので

少しだけヒントになりますね。



なんとなく
細かい世界、もしくは
汚れた世の中、世間

といった意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『塵界』の意味


『塵界』(じんかい)の意味は

汚れたこの世の中

といった意味のようです。



『塵』(ちり)は
1.細かいくずなどが飛び散ったもの。ほこり。また、小さなごみ
2.俗世間のわずらわしさ。世俗のよごれ

『俗世間』は
一般の人々が日常の暮らしをしているこの世

といった意味になるので

『塵』だけでも
世俗、世間の負の意味が既にあったということになりそうです。



『塵』に世界の『界』を合わせることで

より世の中、世間の意味を強くイメージさせ
「塵」というほこりのような煩わしさをプラスし

汚れた世の中

という意味であるのかもしれません。



例文としては
「塵界にあえて触れて今の生活の有り難みを思い出した」

のような使い方が良さそうです、

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『塵界』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]