『世態』(せたい)という言葉は

あまり見たことのない言葉ですね。



このような漢字の組み合わせは

新鮮と思えるくらい

見たことがない言葉のような気がします。



何となく
世の中の現在の状態

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『世態』の意味


『世態』の意味は

世の中のありさま

といった意味のようです。



『ありさま』は
物事の状態。ようす

といった意味になるので

世の中のありさまは
世の中の状態、事情

といった意味にもなりそうです。



「世情」とよく似ていますが

『世情』は
(表も裏もある)といった考えからの
世の中のありさま

なので
世の中の薄汚れた見えない部分も指している意味となり

『世態』は
見える部分、見えやすい部分だけの世の中のありさま

といった意味になるのかもしれません。



どうでもいいですが
『世態』という言葉を
Google翻訳で英語に変換したら
「the-world」と出ました。



ザ・ワールド

いや、なんでもないです。



例文としては
「世態を予想できればより余裕のある生活ができるかもしれない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『世態』の類義語

世の中

社会
実社会
天下
江湖
世上
世俗
俗世間
浮き世
人世
市井

巷間
娑婆
塵界
世情
世態

『世間』のことわざ

世間は広いようで狭い
人の噂も七十五日
人の口には戸が立てられない
世の中は相持ち
世の中は三日見ぬ間の桜かな
渡る世間に鬼はない

関連コンテンツ



スポンサードリンク